社労士法人 JCS

― 健康管理部 ー

健康経営の勧め

健康経営」とは、社員の健康管理を経営的な視点で考えて、戦略的に実践することを言います。企業理念に基づき、社員への健康投資を行うことは、社員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

当事務所では、法的側面を重視し、産業医と共同して、健康診断・ストレスチェック・労働時間などの様々な情報より集計・分析を行い、優先順序を付けて効率よく社員の健康管理が行えるようにサポート致します。 また、健康経営優良法人 ホワイト500(大規模法人部門)、日本政策投資銀行 DBJ健康経営格付の取得支援実績もございます。

安全配慮義務履行のための体制づくり

健康診断関係

ストレスチェック関係

健康管理に付随する労務相談・紛争調整員会あっせん代理

社労士法人 JCS

【Japan Connect Social insurance】

会社名 社会保険労務士法人 JCS
従業員数 24名(2020年10月現在)
代表 森近 宗一郎    |     特定社会保険労務士  【登録番号 12020081号】
事業内容 社員の健康管理コンサルティング 外資系企業インバウンド (労働社会保険の手続き、就業規則の規定、人事労務の管理)
所在地 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー4F
電話番号 03-3581-1980